日本人の英語苦手意識から感じたこと

私の通っているテニススクールに
あまり日本語の話せない外国の方がいます。

流暢に会話をするのは難しいですが、
みんな何となく意思疎通できています。

しかし、彼が入会してきた当初は、
みんな「英語話せない!ムリムリ!」
と言っていました。

やれば何となく英語を話せるにも関わらず、
話せないと言うのは日本人っぽいなと感じました。
私もそう言いましたが…笑

日本人に英語話せますか?と聞くと、
「全然話せないです。」と言います。

逆に、外国人に日本語話せますか?と聞くと
「Yes!スシ!テンプラ!」なんて言ったりします 笑

謙虚さは日本人の特徴であると思いますが、
しかし、できることよりできないことに
意識を向けてばかりいては
なかなか気持ちも上がりません。

「○○が上手だね。」と言われて、
「いえ、そんなことないです。」とか
「いえ、△△はできないです。」とか
わざわざできないことを
言ったりしていないでしょうか。

言葉上での謙虚さならいいですが、
実際にもできないことばかり
考えてはいないでしょうか。

できないことばかりに目を向けている方でも、
自分で思うよりできていることが多いものです。

たまには、できることにも目を向け、
褒められたときには、
素直に「ありがとう!」と
言ってみてはいかがでしょうか。

気持ちが少し上がるかもしれませんよ。

関連記事

  1. 悩みすぎないコツは、気分の「切り替え」にあり!

  2. コミュニケーションにおける心の掴み方

  3. 睡眠を改善する方法

  4. テレワークで社員がメンタル不調に陥った要因とは?

  5. 物事に対する捉え方

  6. 体の緊張と呼吸