自分のせい?誰かのせい?

皆さんは、失敗したり、上手くいかなかったとき、
自分と外部のどちらが原因だと考えることが多いですか?

例えば、試合で負けてしまいました。
そんな時、ある人は、「自分がもっとこうしていれば。」
「自分がダメだった。」と自分が原因だと考えます。

ある人は、「ペアの調子が悪かった。」「相手が強すぎた。」と
外部が原因だと考える人もいるでしょう。

また、試験に落ちました。

ある人は、「自分の頭が悪いせいだ。」と考え、
ある人は、「今回は問題が難しかった。」と考えたりします。

原因を追究する理由は、成長するための方法や解決方法を導き、
次に繋げるということがあるかと思います。

しかし、原因追及というのは難しいもので、必要以上に
〇〇の“せい”だ、と考えてしまいがちです。

そして、必要以上に自分を責め、自己嫌悪に陥ったり、
外部にばかり原因を求めて、なかなか次に繋がらない、
ということもあるかと思います。

それは、その考え方が癖になっているのかもしれません。
何かと自分のせいだと考える癖、
何かと外部のせいだと考える癖かもしれません。

このように、自分の思考の癖により、判断が非合理的になる心理現象を
認知バイアスと言います。

認知バイアスは、誰にでもあります。誰にでも思考の癖はあります。

認知バイアスは、脳に余計な負担をかけないための機能でもあったりするので、
それ自体が悪ということではありません。

しかし、必要以上に自分を責めたり、外部にばかり原因を求めることは、
あまり良い状態とは言えません。

もし、〇〇の“せい”だ、と思ったときは、一度立ち止まって、
本当にそうか?必要以上に〇〇のせいだと考えてはいないか?と
冷静に考え直してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 夏休みの宿題

  2. 悩みすぎないコツは、気分の「切り替え」にあり!

  3. 100%のコミュニケーション

  4. 正しいとは?

  5. 五感の優位タイプ

  6. 本当にメンタルが原因ですか?