悩みすぎないコツは、気分の「切り替え」にあり!

人は同じ状態の繰り返しによって、悩みを深めてしまう傾向が
あることをご存じでしたか?

ずっと同じことを継続していると、その時の姿勢、スキル、心理
状態などを学習して、それを繰り返すようになってしまいます。

よって、悩みを深めないためには、同じような状態を遮断する
「切り替え」が重要になります。

実は、過酷で慣れない仕事をしていても、うつっぽくならずに
大丈夫な人には共通点があります。それは「切り替え」上手な点。

たとえば・・・

・週末はゴルフ三昧

・仕事後の趣味を大切にしている

・仕事をしながらも時々おしゃべりをしたり、息抜きをしている

こうしたオン&オフの切り替えがまったくできない人は
同じ状態を続けてしまうため、悩みがどんどん深まってしまいます。

うつ病のように悶々と悩みすぎないためには、気分の「切り替え」が
最も簡単で重要なコツと言えます。

人は約30日で習慣が身につきます。

仮に、ネガティブな状態を30日以上継続してしまった場合でも
その内容に注意すれば、深く悩むことを未然に防げられます。

また、既に悩んでしまった時には、思いっきり気分を切り替える
ために、大胆な行動をしてみるのも改善のコツと言えます。

新型うつ病の人は、仕事以外で気持ちの「切り替え」をしようと
必死になっている場合があります。

それを頭から否定するよりは、新型うつ病の人がどんな思いで
毎日を過ごしているかに耳を傾けてみるのも大切でしょう。

聴くことで、対策のヒントを見つけられることが多いからです。

(次号に続く・・・)

関連記事

  1. コミュニケーションにおける3つの視点

  2. うつになる人とならない人との違いとは?

  3. テレワークで社員がメンタル不調に陥った要因とは?

  4. チャンクアップとチャンクダウン

  5. アフターコロナはコミュニケーションに変化?

  6. コミュニケーションにおける心の掴み方