親しき仲にも礼儀あり

先日、こんな話を聞きました。

AさんとBさんは友人関係で、
同じ時間、同じ場所へ行く用事があります。

Aさんは車を保有しているので、
Bさんを車で送迎していました。

ただ、AさんとBさんの家は多少離れていて、
目的地からすると、Aさんは遠回りになります。

Aさんは、面倒だけど、何度か送迎していました。

ある時、Bさんは、Aさんが遠回りしていることを
知る機会がありました。

その時Bさんは「聞かなかったことにするわ」と言いました。
本人としては、冗談のつもりだったようです。

Aさんはその言葉に腹が立ち、
これ以降、家まで送迎には行かず、
(Aさんの)最寄り駅まで来るなら乗せてあげる、
と言ったそうです。

Bさんは、申し訳なかったね、ありがとうね、と
言えばよかったのに、失言でした。

口は災いの元と言いますが、
口だけの問題でも無いようにも思います。

人の言動には、その言動の前提となる思考があります。

Bさんの場合、送迎に関して申し訳なさや感謝が少ない、
送迎が当たり前のようになっている、
遠回りでも今後も送迎してほしい、などでしょうか。

前提となる思考は、
本人にとっては癖のようになっているので、
なかなか気付きにくいものです。

親しき仲でも、当たり前のようになっていても
これありがたいな、いつもありがたいな、と
改めて感謝してみることも必要かもしれません。

その感謝が、前提となる思考を変える一歩となっていきます。

皆さんは、改めて感謝してみること、ありませんか?

関連記事

  1. 条件反射と自分の枠

  2. 本来持っている五感を使っていますか?

  3. 会話の拡散と収束

  4. あるクライアント様のお話

  5. 言動の前提

  6. 自分のせい?誰かのせい?