憧れと欲すること

皆さんは、誰かに憧れることはありますか?

例えば、メジャーリーグで大活躍している
大谷翔平選手とか、連日マスコミを賑わしている
ビッグボスとか、、、いかがでしょう??

憧れるということは、
その人から想起する何かを欲している
ということです。

人によって欲するものは様々です。

そして、何を欲しているかを突き詰めることは
人生を豊かにするうえで、とても大事なことです。

私の興味はもっぱらテニスなのですが、
テニスやることで欲しているものがあります。

それは、ひとつは
「気の合う仲間と和気あいあい。たまに本気で。」
ということで、もうひとつは
「上手くなりたい。」ということです。

一方、「試合に勝ちたい」欲はあまりありません。
私にとっては、「上手くなりたい。」と「試合に勝ちたい」
とは似て非なるものです。

勝ちにこだわったり、たくさん試合に出るような
グループとはあまり相性が合いません。

なので、テニススクールのレギュラー日を変えたり、
数回行って行かなくなるグループもありました。

もし、自分の欲することを理解しておらず、
あまり合わない環境に身を寄せていたら、
ここまでテニスにのめり込んではいなかったでしょう。

同じ競技でも、それをすることで欲するものは
人によって異なるのです。

皆さんも、誰かに憧れることがあると思います。

「いいなぁ、あの人」と思ったら、
その人のどういうところに憧れているのか、
突き詰めてみてください。

「いいなぁ、あの人」という漠然とした感覚では、
なかなかそれ以上進まないことが多いです。

突き詰めて、自分の欲するものが明確になることで、
行動に移しやすくなりますよ。

関連記事

  1. あるクライアント様のお話

  2. 条件反射と自分の枠

  3. 日本人の英語苦手意識から感じたこと

  4. その人がかもし出す雰囲気

  5. 悩みすぎないコツは、気分の「切り替え」にあり!

  6. カウンセリング事例のご紹介【人事異動】