問題を解決するときのコツ

問題を解決するときのコツを、カウンセリングの事例をもとに考えていきます。

コミュニケーションが苦手なAさんは、コミュニケーションを上達させるために
ハウツー本をいろいろ読みました。
そして、いろいろ試してみましたが、なかなかうまくいきませんでした。

また、旦那さんとの仲が悪くなってしまったBさんは、共同生活を少しでも良くしようと、
話し合ってお互い嫌なことをしないようにいくつかルールを決めました。
しかし、嫌なことは減ったのですが、ギクシャクした感じは残ったままでした。

この2つの事例は、問題を“直接的に”“理屈で”解決しようとしています。

コミュニケーションが苦手 ⇒ 上達させる
仲が悪くなってしまった ⇒ ルールを決める

というように。

しかし実際は、問題とその解決方法は、直接的でないことがあります。
また、人間関係や心の問題は、理屈では解決できないことがあります。

Aさんは、昔からダンスに興味がありました。
ダンスを題材にした映画も好きでよく見ていたそうです。

そこで、思い切ってダンスを習うことにしました。
するとどうでしょう。ダンスを通じて知り合いが増え、仲間が増えていきました。
そのうちに、だんだん自分に自信が持てるようになり、
コミュニケーションで悩むことがだいぶ減りました。

Bさんは、家で犬を飼うことにしました。
旦那さんも動物が好きで、もともと飼ってみたいと思っていたそうです。

その結果、今までの夫婦仲が嘘のように良くなったそうです。
子は鎹(かすがい)ならぬ、犬は鎹といったところでしょうか。

このように思わぬことで、問題は解決することがあります。

問題を“直接的に”“理屈で”解決しようとして、なかなかうまくいかない場合、
一度そこから離れて、心に従ってみるのも一つの手です。

(お互い)やりたいことをやってみる。
(お互い)好きにやってみる。
(お互い)嫌ならやめてみる。

ひょんなことから解決するかもしれませんよ。

関連記事

  1. 本当にメンタルが原因ですか?

  2. パワハラの要因

  3. 何かと「自分のせいでは?」と考えてしまう

  4. 条件反射と自分の枠

  5. あるクライアント様のお話

  6. 睡眠を改善する方法