五感の優位タイプ

皆さんは、洋服を選ぶ時、どのように選びますか?

色や見た目を重視しますか?
お勧めや店員さんのコメントを聞きますか?
手触りで選びますか?

人にはそれぞれ五感の優位タイプがあり、
視覚型、聴覚型、触覚型の大きく3つに分類されます。

視覚型の人は、目からの情報を主に使います。

何かを選ぶ時は、色や見た目を気にしたり、
何かを思い出す時は、映像で思い出したり、
言葉使いも、イメージで伝える言い回しが
多い傾向があります。

聴覚型の人は、言葉やリズム・音にこだわります。

会話する時や文章を書く時は、言い回しを気にしたり、
ドラマやアニメを見ても、セリフが気に入ったり、
話し方もイントネーションや抑揚を気にしたりします。

触覚型の人は、体の感覚を大事にします。

感覚や手触り・感触が敏感で、手触りで
他の人にはわからない違いがわかったりします。
考える時も、じっくりゆっくり考えることが多く、
言葉遣いも「何となく~な感じ」といった
言い回しが多い傾向があります。

人に何かを伝える時は、
視覚型の人には、写真や絵がわかりやすく、
聴覚型の人には、文章や音声での説明が必要で、
触覚型の人には、「スッキリ」のような擬音が伝わります。

また、優位タイプにもそれぞれ割合があり、
ものによって表出されるタイプも異なります。

私は、聴覚50、視覚35、触覚15ぐらいですが、
洋服を選ぶ時は、色やデザインで選びますし、
インナーや部屋着は、肌触りで選びます。

そして、優位タイプがあるということは、
人それぞれ苦手なタイプもあるということです。

私は聴覚型が強いので、言葉や文章の言い回しを気にしますが、
それを周りに指摘し過ぎると、周りは息苦しさを感じます。

人には、人それぞれ五感の世界があるのです。

自分と他者のタイプを理解し、相手にも合わせて
いけるといいですね。

関連記事

  1. 問題を解決するときのコツ

  2. あるクライアント様のお話

  3. 本当にメンタルが原因ですか?

  4. コミュニケーションにおける3つの視点

  5. 言動の前提

  6. 何かと「自分のせいでは?」と考えてしまう