コラム ショッキングな記憶も心地良い記憶として上書きできる?

前号では、これまで変えられないと思われていた喜怒哀楽の反応を
変えられることについて書かせていただきました。このカウンセリ
ング方法を、私たちカウンセラーが現場でよく使うのは、PTSD
(心的外傷後ストレス障害)の方に向き合う時です。

PTSDになると、かつて経験したショックな状況をフラッシュ
バックしたり、ある特定の場所に行くことや、特定の行動ができなく
なるなどの症状が出ることがあります。特にそのフラッシュバックの
原因になるのが、「トリガー(引き金)」と呼ばれる「きっかけ」に
当たる刺激です。

震災で被災された方々の中には、バスが近所を通って家が少し揺れたり、
壁が「ピシッ」と音を立てたりすると、それがトリガー(引き金)と
なって、「地震では?」と感じ取り、震災当時のひどい状況を瞬間的に
思い出します。

つまり、

・バスによる揺れ → ひどい状況(つらい・悲しい)

という反応が染み付いてしまっているのです。

これに対して、

・バスによる揺れ → お風呂に入っている状況(心地良い・リラックス)

という刺激を記憶に上書きしていくと、PTSDの症状が軽ければ、
「バスによる揺れ」というトリガーによって引き出される感情は
「お風呂に入っている心地良さ」になります。

また、症状が重い場合でも、反応が中和されたり、軽減されるように
なります。さらに、数回繰り返せば、日常生活に支障がない程度に
症状を軽くすることもできます。

※心理的痛みに関しては、消し去ることが、その人の人生において
最善ではない場合もあります。

(次号に続く・・・)

関連記事

  1. コラム 忙しさが心に与える影響とは?

  2. コラム ネガティブな性格も変えられるってホント?

  3. コラム うつになる人とならない人との違いとは?

  4. コラム 悩みすぎないコツは、気分の「切り替え」にあり!

  5. コラム 本来持っている五感を使っていますか?