陽キャと陰キャ

若者の言葉に、陽キャと陰キャという言葉があるそうです。

陽キャとは、陽気なキャラクターということで、
性格が明るい、活発的、おしゃれ、友達が多い、人気がある
といった特徴の人を指す言葉だそうです。

逆に、陰キャとは、陰気なキャラクターということで、
陽キャとは逆の特徴があるそうです。

人って、なにかと分類することが好きですよね。笑

空気が読める、読めない。
お金を持っている、持っていない。
仕事が出来る、出来ない。
結婚できた、できていない。

分類分けをして、安心したり、諦めたり、
仲間意識を感じたり、排除したり、忙しいです。

陽キャ陰キャをインターネットで検索してみると、
陽キャでいること(を演じること)に疲れていたり、
陰キャであることにコンプレックスを感じたり、
陽キャは、うざい、苦手、怖いとか、
陰キャは、ノリが悪い、ひねくれているとか、
いろいろ出てきます。

悩んだりするくらいなら、そんな分類しなければいいのに、
と思いますが、そう簡単なことでもないようです。

人それぞれ違いますし、分類することは、人の癖のようにも
思いますので、それ自体が悪いとは思いませんが、
あまり分類ばかりで括ってしまうと、
本当の自分やその人自身が見えなくなってしまいます。

個人をしっかり見ていれば、分類なんて、
ほんの一部の要素でしかありません。

個人同士が成立している関係性であれば、
陽キャ陰キャなんて分類、気にしたりしませんよね?

私たちは、分類で括ってしまうことが、
案外、癖になっているのかもしれません。
もっと個人を見ることも必要かもしれませんね。

関連記事

  1. 睡眠を改善する方法

  2. コロナうつを予防する5つのポイント

  3. アフターコロナはコミュニケーションに変化?

  4. 同じと違い

  5. ら抜き言葉、気になりますか?

  6. 問題を解決するときのコツ