何かと「自分のせいでは?」と考えてしまう

メンタル不調になりやすい人は、
メンタル不調になりやすい考え方の癖があるものです。

そのひとつは、「これは自分のせいじゃないか?」と
何かと自分と関連付けてネガティブに考えてしまう癖です。

自分とはあまり関連がないことでも「自分も悪いのでは…」と考えたり、
実際よりも過大に「自分のせいだ…」と考えてしまうのです。

「そんなことないのかも」という思いもあったりしますが、
「自分のせい」という思いがなかなか拭い切れません。

また、自分のせいと考える癖があるがために
失敗することを恐れがちです。

そして、失敗に敏感なため、ちょっとしたことでも
「失敗した…」「自分はダメだ…」と感じ
ネガティブ思考の悪循環に陥ってしまいます。

そのようなケースでは、新たな経験をすることで
改善されることがあります。

人は新たな経験や出会いをすることで、考え方が変わることがあります。

海外の広大な自然や、日本とはまったく異なる常識に接することで価値観が変わる、
趣味が無かった人が趣味を見つけて性格が明るくなる、などです。
(関連コラム「条件反射と自分の枠 2021.4.8」もご参照ください。)

ほかにも、「自分のせいだ…」という考え方を少しずつ剥がしていく
方法があります。

「自分のせいだ…」と考えたときは、「本当にそうか?」
「過大に自分のせいだと考えていないか?」と
その都度、再確認するのです。

「自分のせいだ…」と考えるのが癖なのであれば、
それを剥がしていくのも、癖付けです。

「自分のせいだ…」と考える癖があるということは、
過大に自分のせいだと考えています。
でも実際は、“そんなことない”のです。

また、失敗した、自分のせいだ、と思ったら、
「ごめんなさい!」と潔く言ってしまうのも手です。

失敗に敏感な人は、どうしても失敗を引きずってしまいます。
失敗は誰にでもあるものです。引きずらないためにも、
気持ちを切り替えるためにも、潔さは大事です。

メンタル不調は、考え方の癖が大きく影響します。
良くないと思える考え方は、変える癖を付けてみてください。

関連記事

  1. 問題を解決するときのコツ

  2. カウンセリング事例のご紹介【人事異動】

  3. 忙しさが心に与える影響とは?

  4. 物事に対する捉え方

  5. ネガティブな性格も変えられるってホント?

  6. 睡眠を改善する方法