コロナうつを予防する5つのポイント

新型コロナウィルスの蔓延で
世界中が大変なことになりました。

日本史上初の緊急事態宣言、行動の自粛、経済への打撃・・・
先の見えない展開に皆さんのストレスも
MAXになっているのではないでしょうか。

そうなんです。
問題はストレスなんです。

ストレスは溜め込むと、気分が落ち込んだりイライラしたりしますね。
本日は、テレワーク中のコロナうつを予防するためのポイントを5
お伝えします。

▼コロナうつを予防する5つのポイント▼

【その1:毎日同じ時刻に起床しよう】

毎日同じ時刻に起きることで、体内時計が安定します。
体内時計の安定は睡眠の質に影響を与えます。睡眠は健康の基本ですからね。

【その2:毎日、運動をしよう】

毎日、同じ時間帯で運動をしましょう。
午前中に日光を浴びながらちょっとしたストレッチやウォーキングもいいですね。
これも体内時計を安定させる効果があります。
また、夕方のお散歩もおすすめです。
夕方に体温を上げておくと夜の眠りの質が良くなりますよ。

【その3:毎日の食事時間を一定にしよう】

食欲がない時でも量を調整するなど工夫をしましょう。
特に朝食は大切。
心の安定を促すセロトニンの原料となるトリプトファンを
多く含むバナナはおすすめです。

【その4:コロナの情報は最低限にしよう】

テレビやネットニュースなど、毎日、コロナ関連のことばかり。
仕方がありませんが、これだけ不安を煽られると、気持ちが滅入ってしまいます。
コロナの情報は最低限に。
「コロナが収束した後、どこに行こうかな」や「誰と会って何しようかな」など
考えて、HAPPYに目を向けるようにしましょう。

【その5:人との交流を意識的にはかろう】

外出自粛をしている現状ですが、電話やオンラインなどでも交流ははかれます。
ポイントはリアルタイム。
お互いの近況や気持ちを分かり合うリアルタイムでの機会を持つようにしましょう。
人との繋がりを感じることは心の安定につながります。
LINEのようなテキストメッセージのやり取りでもリアルタイムを意識して。
また、ご家族やパートナーがいらっしゃる方は、食事の時間を合わせるなど、
積極的にコミュニケーションを取りましょう。

そしてこんな時こそ大切なのは「笑い」です。
笑うことは免疫力を上げる効果があるとも言われています。
皆が笑顔になれるような、そんな楽しい時間を過ごしてくださいね

関連記事

  1. カウンセリング事例のご紹介【人事異動】

  2. 日本人の英語苦手意識から感じたこと

  3. うつになる人とならない人との違いとは?

  4. アフターコロナはコミュニケーションに変化?

  5. 守破離

  6. 物事に対する捉え方