【fUTSU Lab.心の健康メルマガ】

2015.11.24号 価値観が違う人とのコミュニケーションのとり方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   fUTSU Lab.心の健康メルマガ (2015.11.24号)   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【今号のTopics】————————————————-

 ・心理カウンセラー椎名雄一による一問一答
  職場の悩みに答える、目からウロコのメンタルヘルス対策Q&A

 ・セミナー、イベント情報

—————————————————————–

こんにちは。fUTSU Lab.(ふつうラボ)の森屋です。
いつもメールをお読みいただきありがとうございます。

いよいよ12月1日より、ストレスチェック義務化が始まります。
日曜日の日経新聞の一面に記事が載っていましたが、
各社様々な取り組みを行っていますね。

マイナンバーがひと段落して、一息つく暇もなくストレスチェック
の準備を始めないといけませんので、担当される方は大変です。

一通りの制度の概要はご存知でも、具体的に何をすべきか
迷われたら、ぜひ私たちにお声がけください。


さて今号は、数々の企業や団体の方からお寄せいただいたご質問に
弊社所長の心理カウンセラー椎名雄一が一問一答形式でお答えするコーナー、

「職場の悩みに答える、
 目からウロコのメンタルヘルス対策Q&A」をお届けします。


******************************************************************

 心理カウンセラー椎名雄一による一問一答

 職場の悩みに答える、目からウロコのメンタルヘルス対策Q&A

******************************************************************

【Q】

相手と考え方や価値観が異なるため、自分が話していることを
相手に理解してもらえないことが時々あります。
こういう場合はどのようなコミュニケーションを取ったらいいのでしょうか?


【A】

考え方や価値観の相違を理解していることは大変重要なことだと思います。
では、その相違は具体的にはどんな内容なのでしょうか?

心配事から先に考える考え方だったり、
目標を決めないとダメなタイプだったり、
お金・愛情・権威・・どんなものが重要だと思っているのか?
自分とどの点がどれくらい違うのか?それを理解する必要があります。

そうしないと、こちらからの要求を相手の体勢に関わらず
ぶつけている状態になってしまうからです。

人は3枚のフィルター「身体的フィルター」「社会的フィルター」
「個人的フィルター」を介して、目の前の現象を理解します。

考え方や価値観の相違とひとことで言ってもさまざまな切り口で
さまざまな割合の異なる価値観が存在しますし、考え方もあります。
相手の考え方を理解し、伝わるように伝える事は、ビジネスのスキル
として重要なことだと思います。

技術的には「性格分析」というカテゴリーの研修があります。
10個の要素の組み合わせに分類して、
分かりあえない原因を作っている性格のタイプを知ることで、
どの方向に調整をしたら伝わるのかがわかります。

一例をあげると、同僚に「よお、最近どう?」と質問をした人に対して
「いいよ!」と大体の感覚で答える人と、「え、何について?」と
「どう?」が何をさしているかわからずに戸惑う人がいます。

前者を全体型(全体像から把握していくタイプ)
後者を詳細型(細かい部分を把握したいタイプ)と呼びますが、
自分よりも全体型の人には概要を伝え、詳細型の人には
具体的な事項を説明する方がよいと調整することができます。

この調整を心理学ではチューニングと呼びますが、優秀なカウンセラーは
チューニングを行うので、すべてのクライアント(相談者)に
「今までで一番相性が良い人」と言ってもらえるようになります。

相手のタイプに合わせて、自分のコミュニケーションスタイルを
柔軟に修正するのです。

小学生が買い物に来て、レジ対応をするときに「いらっしゃいませ、
袋にお入れいたしましょうか?」というのは相手を見ていないコミュニケーション。
「こんにちは!これ袋に入れたほうが良いかな?」と
言葉を変えるのが相手に合わせたコミュニケーション。

ズレが大きければ大きいほど、相手はコミュニケーションに
ストレスを感じ、やがて、「この人話しにくいな」と
感じてしまうことでしょう。

              心理カウンセラー 椎名 雄一

**************************************************************
 メンタルヘルスの専門家が、制度導入の準備から
 高ストレス者の対応まで安心のトータルサポートをしています。
 詳しくはこちら⇒ http://futsu.jp/stresscheck/
**************************************************************


<<セミナー・イベント情報>>

 12月1日から施行 ストレスチェック義務化対策シリーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 管理職・人事担当者が知っておくべき知識と技術が身につく 
 
 『ストレスマネジメント実務者認定 講習』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ストレスチェック義務化にあたり、ますます職場のメンタルヘルス対策に
注目が集まっています。

従業員のストレス状況の改善や、働きやすい職場の実現を通じて、
生産性の向上につなげるには、経営者、管理職、人事部門、一般社員
それぞれが、メンタルヘルスに対する正しい知識を持つことが重要です。

ストレスマネジメント実務者認定講習では、メンタルヘルスの基礎知識と、
高ストレス者への対応方法、予防や早期対処の仕方などを学んでいただきます。

この講習を受講することによって、ストレスチェック実施事務従事者や担当者が、
知っておくべきメンタルヘルスの基礎知識のほか、管理職として、
高ストレス者を出さない職場づくりのコツなども習得することができます。

ストレスチェック義務化直前のこの機会にぜひご参加ください。


※ 講習修了者には、一般社団法人日本心理療法協会より修了証が付与されます。


■開催日時 12月8日(火)13:00~18:00(開場12:45~)

■参加費 35,000円(消費税別)

 カリキュラム&お申し込み ⇒ http://futsu.jp/stressmanagement_3/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ストレスチェック義務化対策セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
従業員50人以上のすべての事業場にストレスチェックを義務付ける、
労働安全衛生法の改正が12月1日から施行されます。

対応がまだのところも、そろそろ本格的に準備を始める必要があります。

「まだ制度の詳細が理解できていない」「まだ委託先を決められていない」
企業様向けに、制度の重要なポイントや委託先の選び方まで、
分かりやすく解説いたします。

ぜひこの機会にご参加ください。


 開催日時 2015年12月18日(金)15:00~17:00(開場14:45~)

 詳細&お申し込みはこちらから ⇒ http://futsu.jp/stresscheck-3/

==================================================================

 次号のメールマガジンは、12月8日(火)に配信いたします。
 どうぞお楽しみに!

 ○メールマガジンをぜひお知り合いの方にご紹介ください。
  ご登録はこちらから⇒ http://futsu.jp/magazine/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  発行:株式会社fUTSU Lab.(ふつうラボ)
URL: http://futsu.jp/

  〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル9F
  TEL:03-5259-1009 / FAX:03-5259-5188 / Mail: contact@futsu.jp

  配信先の変更、配信の中止は下記よりご連絡ください。
  → news@futsu.jp

  ※本メールマガジンの記事を複製、転載することを禁じます。
   著作権は株式会社fUTSU Lab.に帰属します。