【fUTSU Lab.心の健康メルマガ】

2015.03.10号 メンタル不調の社員への休養の取らせ方

※このメールは過去にセミナーにお申し込みされた方、実践心理学教室に
 参加された方、弊社スタッフと名刺交換をされた方にお送りしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    fUTSU Lab.心の健康メルマガ (2015.03.10号)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【今号のTopics】——————-——————————

 ・心理カウンセラー椎名雄一による一問一答
  職場の悩みに答える、目からウロコのメンタルヘルス対策Q&A

 ・セミナー・イベント情報

—————————————————————–


こんにちは。fUTSU Lab.(ふつうラボ)の森屋です。
いつもメールをお読みいただきありがとうございます。

社会問題としてもますます関心が高まるメンタルヘルス対策ですが
いよいよ今年の12月から、従業員50人以上の事業場に、
ストレスチェックと面接指導が義務付けられることになります。
対象となられる企業様は、そろそろ準備をはじめられていますか?

厚生労働省のホームページでも、制度を分かりやすく解説しているので、
まだご存知ない方は、ぜひご覧になってみてください。
⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/kouhousanpo/summary/

ストレスチェックは、厚生労働省のサイト“こころの耳”で
無料でできますので、ぜひ試してみてください。
⇒ http://kokoro.mhlw.go.jp/check/index.html

職場のメンタルヘルス対策についてのご相談がありましたら、
お気軽にご連絡ください。


さて今号は、数々の企業や団体の方からお寄せいただいた
ご質問に弊社所長の心理カウンセラー椎名雄一が
一問一答形式でお答えするコーナー、

「職場の悩みに答える、
 目からウロコのメンタルヘルス対策Q&A」をお届けします。


******************************************************************

 心理カウンセラー椎名雄一による一問一答

 職場の悩みに答える、目からウロコのメンタルヘルス対策Q&A

******************************************************************


【Q】

メンタル面で調子を崩しかけている社員に、休養を取らせるのも大事な
ことだと思いますが、休養させると、その状況に慣れてしまって抜け出
せなくなる(復帰しづらくなる)ケースがありました。休養を取らせる
際のコツや、その間の関わり方など、注意すべき点があれば教えて下さい。


【A】

休養を取らせるならば、うつ病やパニック障害という明らかな症状が出る
かるか前に、趣味を徹底的にする時間や家族と過ごす時間を作るための
休暇を取ってもらうのが有効です。

ケアレスミスをするようになったり、ぼーっとしていることがあったら、
その時点ですぐに様子を探り、メンタル不全の兆候が少しでもあれば、
ネガティブなことは言わずに、ポジティブな意味で「○○さんのおかげで
今回のプロジェクトはうまくいった。なかなか休みが取れないから、
この隙にいつもやりたいと言っていたあれをやってみたら?何日か休暇を
とっても良いよ」と言えるのであれば、同じ休養でも効果的です。

落ち込みがひどくなってから休養を取らせるということは、
「仕事をしないでいいので、その時間も充分に使って、グルグルと
悩みなさい」と言っていることにもなります。
休養させるとその人は、一日中「うつ病」「パニック障害」などで検索をし、
ネット上に仲間を作ります。

そして、数日後には立派な患者として理論武装を完成させます。
「うつ病の人にはこういう傾向があって、こうなってしまうからそういう
仕事は無理なんです」という理屈が頭に入り込みますし、闘病歴の長い人
と知り合えば、無意識に「治るまでは数年かかる」と学習してしまいます。



                  心理カウンセラー 椎名 雄一



——————————————————————–
『2時間でわかるうつ病のメカニズム』が1コマ1コインで見られます!

 詳しくはこちら⇒ http://www.dlmarket.jp/products/detail/296299
——————————————————————–



【セミナー・イベント情報】


▼『ピアカウンセラー養成講座』3月、4月開催スケジュール

 ただ叱ったり指導するだけでは部下の“こころ”は離れていくだけです。
 管理職にこれだけは知っていて欲しい“こころ”の動かし方と、
 傾聴力、観察力が12時間で学べる『ピアカウンセラー養成講座』
 ぜひ受講されてはいかがですか。(※導入実績49社)

  <3月開催> 2015年3月19日(木)~20日(金)

  <4月開催> 2015年4月16日(木)~17日(金)


 講座の詳細&お申し込みはこちら ⇒ http://futsu.jp/jigyo/peer/

 ※受講者様の感想はこちらからご覧いただけます。
  ⇒http://futsu.jp/jigyo/peer/peervoice/


—————————————————————–

▼ 12月1日施行 ストレスチェック義務化対策セミナー

  『ストレスチェック実施までに知っておくべきこと』


 全従業員のストレスチェック実施を従業員50人以上の
 すべての事業場に義務付ける、労働安全衛生法の改正が
 本年12月1日から施行されます。

 ストレスチェックをすること自体は難しいことではありませんが、
 それによって何が起こるか?高ストレスと判定された社員に
 どう対応するか?あらかじめ知っておくべきこと、
 実施までに準備しておくべきことがあります。

 本セミナーでは、企業側のニーズと、メンタル不調者の実態の
 両面を熟知した講師が、新制度に対応するとともに、
 実質的にもメンタル不調を防ぎ、退職者を出さないための方法論を
 分かりやすく解説いたします。この機会にぜひご参加ください。


 【内  容】
 ・心の問題に関する社会の現状
 ・ストレスチェック義務化の概要
 ・メンタル不調発症の実態と当事者の感覚
 ・ストレスチェック義務化で何が起こるか
 ・ストレスチェックの内容と注意点
 ・社員はなぜうつになるのか
 ・産業医や医療機関の選び方、付き合い方
 ・中小企業に適したメンタルケア体制とは


  開催日時:3月26日(木)13:00~15:00(受付12:45~)

  対   象:経営者様、役員様、人事部長様

  開催場所:fUTSU Lab.セミナールーム
        東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル9F

  参 加 費:無料(1社2名様までご参加いただけます)


  詳細&お申し込みはこちら ⇒ http://futsu.jp/20150326-2/


—————————————————————–

▼ 日経新聞にも取り上げられた「攻めの傾聴」森羅万象を動かす
 『新・実践心理学教室』好評開催中!


 【神田校】 毎週水曜 19:00~21:00開催(無料)
       ⇒ http://futsu.jp/kandajissen/

 【町田校】 毎週金曜 19:00~21:00開催(無料)
       ⇒ http://goo.gl/wIwXPt


 最新の心理学を使って、どんよりまとわりつくようなうつ病から、
 日常的な人間関係の悩みまでスッキリ解決する方法をご紹介!
 全4回で人生を変える実践心理学教室にぜひご参加ください。
 お席に限りがありますので、必ず事前予約をお願いいたします。



== 公式サイト・SNS ==========================================

○フェイスブックページ https://www.facebook.com/futsulab

 Facebookのアカウントをお持ちの方は、
 ぜひこちらから「いいね!」を押して応援をよろしくお願いします!

○ホームページ http://futsu.jp/

○メールマガジンをぜひお知り合いの方にご紹介ください。
 ご登録はこちらから⇒ http://futsu.jp/magazine/

==================================================================

次号のメールマガジンは、3月24日(火)に配信いたします。
どうぞお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  発行:株式会社fUTSU Lab.(ふつうラボ)
             URL: http://futsu.jp/

  〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル9F
  TEL:03-5259-1009 / FAX:03-5259-5188 / Mail: contact@futsu.jp

  配信先の変更、配信の中止は下記よりご連絡ください。
  → news@futsu.jp

  ※本メールマガジンの記事を複製、転載することを禁じます。
   著作権は株式会社fUTSU Lab.に帰属します。