【fUTSU Lab.心の健康メルマガ】

2014.07.08号 「本性」の見極め方とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇     fUTSU Lab.心の健康メルマガ      ◆
◆               (2014.07.08号)      ◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏【今号のTopics】……………………………………………………………┓

 ▼ 【好評企画】
   ★☆ カリスマ心理カウンセラー椎名雄一による一問一答 ☆★
   職場の悩みに答える、目からウロコのメンタルヘルス対策Q&A

 ▼ セミナー・イベント情報

┗…………………………………………………………………………………┛


こんにちは。株式会社fUTSU Lab.(ふつうラボ)の森屋です。
いつもメールをお読みいただきありがとうございます。

突然ですが、「無意識的有能性」という言葉をご存知ですか?

NLP(神経言語プログラミング)の考え方のひとつで、
意識しなくても自動的にあることを実践することができている
状態のことを言いますが、弊社所長の椎名は、この状態をつくるのに、
30日間同じことを繰り返すと良いとお伝えしています。

そこで、私は、昔から肩こりに悩まされているのですが、
ここ最近ひどい日が続いていたので、肩こりの解消のため、
習慣(無意識的有能性)を変えてみることにしました。

女性はカバンが重たいと言いますが、私もその一人で、
パソコンが入っている日は10Kgくらいあると思います。

そのカバンを持つ側を変えてみました。
最初はすごい違和感で、逆に肩こりがひどくなったような
気さえしていましたが、1週間、2週間と経つうちに、
だんだんと習慣化され、1か月ほど経った今では、
元の側でカバンを持つとなんだか違和感を感じるほどになりました。

習慣を変えるって、たった30日で出来るんですね。
ぜひ何か試してみてください。

肩こりについてはちょっと解消された気がします(笑)


さて今号は、数々の企業や団体の方からお寄せいただいたご質問に
弊社所長の椎名雄一が一問一答形式でお答えするコーナー、

「職場の悩みに答える、目からウロコのメンタルヘルス対策Q&A」
をお届けします。


━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

 ★☆ カリスマ心理カウンセラー椎名雄一による一問一答 ☆★

 職場の悩みに答える、目からウロコのメンタルヘルス対策Q&A

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

【Q】

見た目の強さと本性の強さは違うと思うが、本性はどのように
判断すればよいか。椎名先生が弊社希望者と全員面談していただければ、
ストレス耐性やリスクを評価していただくことはできますでしょうか。
あるいは、社内で毎月、定期的にチェックするポイントはありますか。

【A】

「強い」ビジネスマンに育児をさせると良くわかりますが、
1時間で疲れてきて、半日で意味が無いような気がしてきて、
1日の終わりには同じ遊びや会話の繰り返しに疲れてしまいます。

「見た目」と「本性」というよりは、
誰しも強い部分と弱い部分があり、弱い部分に対しては、
意外なほどストレスを感じてしまうということではないかと思います。

このご質問を拝見して、最も気になるのは、
質問されている方が「強さ」を求める前提にあることです。

人は、「優しさ」によって動く人や「着想の面白さ」で動く人、
「共感」で動く人など、さまざまな人がいます。

「強さ」というモノサシを使った瞬間にストレスを感じて、
弱者になってしまう人は少なからずいると思います。

もし、私が面談をさせていただくとしたら、ストレス耐性があるか
どうか?強いかどうか?リスクがあるかどうか?ではなく、


「細かい作業を投げた方が活きるタイプか?俯瞰したポジションが向いているか?」

「創造性を発揮させた方がよいか?ルーチンワークが向いているか?」

「大勢と仕事をさせた方がよいか?ひとりの方がよいか?」

「飲み会に誘った方がよいか?誘わない方がよいか?」

「厳しくノルマを課した方がよいか?優しく導いた方がよいか?」

「視覚に訴えた方がよいか?言葉か?感覚か?」

「右側から話しかけた方がよいか?左側から話しかけた方がよいか?」

「ゆっくり話をした方がよいか?早口の方がよいか?」


という観点で分析します。

そして、それに沿った対応や配置をすれば、その人の良さが生きて、
結果として「強く」あることは可能です。


心理カウンセラー 椎名 雄一

 

【セミナー・イベント情報】

┏━┓
┃◆┃チームのモチベーションUPに効果を発揮『ピアカウンセラー養成講座』
┗━╋…──────────────────────────────

 <7月開催> 2014年 7月24日(木)~2014年 7月25日(金)
 <9月開催> 2014年 9月 9日(火)~2014年 9月10日(水)


 ※受講者様の感想はこちらからご覧いただけます。
  ⇒http://futsu.jp/jigyo/peer/peervoice/

———————————————————————
 講座の詳細&お申し込みはこちら ⇒ http://futsu.jp/jigyo/peer/
———————————————————————


┏━┓
┃◆┃助成金申請して、利用者様の「こころ」を動かす方法を学びませんか?
┗━╋…──────────────────────────────

 『介護職のための 心理コミュニケーション技法研修』

本研修の内容の一部と、本研修に助成金を申請する方法を解説する
セミナーを開催いたします。ぜひご参加ください。


【第1部】助成金の申請方法をご説明いたします。
 <助成金対象>
 ・社員1名以上いる
 ・正職員100名以下または資本金5000万円以下
 ・社会保険・雇用保険・労災に入っている
 ・半年以内に会社都合の解雇をしていない

 講師:杉山 宏樹(株式会社ライトアップ メディアグループ マネージャー)


【第2部】研修内容
 ・職員をメンタル不全にしない3つのコツ
 ・利用者さん、家族、職員が生き生きするポイントとは?
 ・ベテランカウンセラーの「こころ」を動かす技術
 ・人の「こころ」を動かすコミュニケーション研修のご紹介

 講師:椎名 雄一(一般社団法人日本心理療法協会 代表理事)

 
開催日:7月29日(火)15:00~17:00(受付開始14:30~)

————————————————————————-
 セミナーの詳細&お申し込みはこちら ⇒  http://futsu.jp/kaigopure/
————————————————————————-


┏━┓
┃◆┃元気になる人続出の人気セミナー『実践心理学教室』
┗━╋…──────────────────────────────

 【神田校】 毎週水曜 19:00~21:00開催(無料)
       ⇒ http://futsu.jp/kandajissen/

 【町田校】 隔週金曜 19:00~21:00開催(無料)
       ⇒ http://goo.gl/wIwXPt

 【横浜校】 毎週木曜 13:00~15:00開催(無料)
       ⇒ http://j-mental.org/yokohama/

 最新の心理学を使って、日常的な人間関係の悩みもスッキリ解決!
 全て無料セミナーで、どの回からでもお気軽に参加できます。
 お席に限りがありますので、必ず事前予約をお願いいたします。

 

★公式サイト・SNS★==============================================
 
○フェイスブックページ https://www.facebook.com/futsulab

Facebookのアカウントをお持ちの方は、
ぜひこちらから「いいね!」を押して応援をよろしくお願いします!

○ホームページ http://futsu.jp/

○メールマガジンをぜひお知り合いの方にご紹介ください。
 ご登録はこちらから⇒ http://futsu.jp/magazine/

======================================================================

次号のメールマガジンは、7月22日(火)に配信いたします。
どうぞお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  発行:株式会社fUTSU Lab.(ふつうラボ)
URL: http://futsu.jp/

  〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル9F
  TEL:03-5259-1009 / FAX:03-5259-5188 / Mail: support@futsu.jp

  配信先の変更、配信の中止は下記よりご連絡ください。
  → news@futsu.jp

  ※本メールマガジンの記事を複製、転載することを禁じます。
   著作権は株式会社fUTSU Lab.に帰属します。