【fUTSU Lab.心の健康メルマガ】

2013.04.30号 脳を徹底解剖!理性的アプローチではうつ病は治らない?

こんにちは。

株式会社fUTSU Lab.(ふつうラボ)の高桑です。

いよいよゴールデンウィーク到来!
今日も大きなスーツケースをゴロゴロ引きずりながら歩いている
方を見かけました。

世の中お休みモードの中、このメルマガをご覧いただき、改めて
感謝申し上げます。

明日から5月になりますが、新たな環境に適応できず、精神的に
落ち込んでしまう、いわゆる「五月病」も気になりますね。

もし、新入社員や転職者、新たに部署が変わった方などで、
落ち込みサインを感じられましたら、早めに対策を立ててみては
いかがでしょうか。

宣伝になりますが、5月から1週間の通学研修『ビジョン開花学校
Visibl(ビジブル)』がスタートします。

詳しくは、以下のお知らせをご覧ください。

メンタル不調者への対策のひとつとして、研修参加を
ご検討いただけますと幸いです。

 

================================================================
 ■1週間でメンタルタフネスを作る研修■

     『Visibl(ビジブル)』5月開講のご案内
================================================================

かねてより随所でご案内させていただいております、
メンタルタフネスを手に入れるための1週間通学コース「Visibl」
を、5月14日(火)から20日(月)の日程で開講いたします。

ご自身、または社員の方、ご家族等で、下記のような方がいらっしゃれば、
ぜひ5月の講座参加をご検討ください。


 ●最近、メンタル面で不調があり気分や体調がすぐれない
 ●メンタル不調があり、すでに会社を休んだり、通院している
 ●メンタル面を鍛えたい
 ●自分の強みを見い出し、目標やビジョンを設定したい
 ●ストレスをうまくかわす方法を学びたい
 ●心を癒す方法を学び、身近な人を支えられるようになりたい など


校長の椎名雄一自らが、約30時間に及ぶすべての講義を担当し、
心から参加して良かったと思っていただけるよう、
講師、スタッフ一同、精一杯取り組ませていただきます。

どうぞご期待ください。

—————————————————————

【日 時】
 5月14日(火)~5月20日(月)
  ※土日は休講で、金曜は自由活動日なので、研修は火水木と翌週月
   のみです。
  ※10時~17時の研修時間の前後は、会社等に出勤していただけます。
  ※金土日は、会社等に出勤していただけます。

【会 場】
 NK conference(エヌケーカンファレンス)
 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル9F
 <最寄駅>地下鉄「淡路町」「小川町」徒歩1分 JR「神田」徒歩5分
 (地図)http://futsu.jp/wp-content/themes/futsu/pdf/map_tokyo.pdf

【参加費】
 1名 105,000円(税込)

—————————————————————

 ■カリキュラムおよび参加お申し込み等はこちら
   http://goo.gl/zQfo1

 ■詳細は、セミナー等でお配りした緑色のパンフレットをご覧ください。
  上記ウェブサイトからご覧いただくこともできます。

 ■お問い合わせはこちら
  株式会社fUTSU Lab.(ふつうラボ)担当:森屋
TEL:03-5259-1009
  Email:support@futsu.jp  URL:http://futsu.jp

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇    fUTSU Lab.心の健康メルマガ     ◆
◆               (2013.04.30号)    ◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ほぼすべての動物には「脳幹」と言う部分があります。
脳幹は、主に生命維持のための機能を果たし、原始的な反応や
動作をコントロールします。

そして、脳幹の上には、本能的な感情や情動を支配する機能が
積み上げられています。それが「大脳辺縁系」です。

大脳辺縁系は、食べられるか否か、性行動の対象か、敵か味方か
などの本能的な判断を下します。それだけでなく、この部位では
怒りやおびえ、恋愛感情なども起こります。

さらに大脳辺縁系の上には、進化・発達してできた人類特有の
「大脳新皮質」があります。

大脳新皮質は、思考する脳とも言われています。
人間は、この大脳新皮質により、先を見据えて計画的に行動したり、
感情を抑制したり、何かを表現したりできるようになりました。

ただし、この大脳新皮質が決断を下せば、何でもコントロール
できるわけではありません。

私たちは、つい理屈で考え、ルールを守らせようとし、
「考えれば実現できる!」とさえ思ってしまう傾向があります。

しかし、うつ病に関しては、大脳辺縁系や、場合によっては
脳幹の機能に問題を抱えていることがあります。
この場合は、どう思考しても体は変わらず、自律神経などの
コントロールも思うようにいきません。

だからこそ、「頑張ろうと思うけれどできない」「頭でわかって
いるのに変えられない」というようなことが起こるのです。

悩んでいる人をサポートする際には、電話やメールで対処しても
あまり意味がありません。

なぜなら、それらは言語化できる理屈の部分(=大脳新皮質)の
制御しかできないからです。

悩んでいる人が大きく変わるには、「大脳辺縁系」や「脳幹」の
反応を変える必要があります。

しかし、一般のカウンセリングでは、この点にまったく触れず、
ただ話を聞くだけ(傾聴)というのがほとんどのようです。

一方、実際に、「大脳辺縁系」や「脳幹」の反応を変えることの
有効性を踏まえたカウンセリングを始めると、今までは「不可能」
だと思われていた変化を促すことも可能になります。


        「ビジョン開花学校Visibl(ビジブル)」
                     校長  椎名 雄一


——————————————————————

 

次号のメールマガジンは、5月14日(火)に配信いたします。
どうぞお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  発行:株式会社fUTSU Lab.(ふつうラボ)
URL: http://futsu.jp/

  〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-13 神田第4アメレックスビル9F
  TEL:03-5259-1009 / FAX:03-5259-5188 / Mail: support@futsu.jp

  配信先の変更、配信の中止は下記よりご連絡ください。
  → news@futsu.jp

  ※本メールマガジンの記事を複製、転載することを禁じます。
   著作権は株式会社fUTSU Lab.に帰属します。