fUTSU Lab.(ふつうラボ)の講師陣は全員カウンセラー資格を持った現場経験豊富な人材です。

小松 久俊

株式会社fUTSU Lab. 契約講師

  • 一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
  • 一般社団法人 日本心理療法協会認定 心理カウンセラー
  • 一般社団法人 全国心理業連合会公認 プロフェッショナル心理カウンセラー
  • 一般社団法人 日本栄養睡眠改善協会認定 栄養睡眠改善トレーナー

宮城県仙台市出身。少年期に出逢った音楽に影響を受けミュージシャンを志す。下積みを経て28歳でメジャーデビュー。44歳の時に苦楽を共にしたバンド仲間がうつ病で自殺、遺書を受け取るという体験をする。これを機に心理カウンセラーへの転身を決意。現在はメンタルクリニックや一般企業、障碍者施設でカウンセリングを実施、2,000を越す臨床経験を持つ。「久しぶりに再会した友人のよう」とクライアントから評されるその安心感とNLPをベースとした確かなテクニックで90%を超えるリピート率を誇り、クリニックでは予約待ちになるほど。その他、一般企業へのメンタルヘルス研修・講演も多数行っている。「心の仕事でひとつでも多くの笑顔に貢献する」という理念のもと、2016年に「メンタルオフィス こころのお仕事」を設立。被災地である故郷宮城県へのボランティア活動も行っている。

井垣 剛太郎

  • 株式会社fUTSU Lab. 取締役社長
  • 一般社団法人日本心理療法協会認定1級心理カウンセラー

大学卒業と同時に、病院経営コンサルティング業界最大手の株式会社日本経営に入社。医療機関における組織活性化コンサルティングに従事。途中、大阪市内の民間病院2箇所に約1年半出向し、病院経営や医療現場における実務を経験。1998年からは、厚生労働省の外郭研究所である財団法人医療経済研究機構に出向。約3年間の出向期間中、厚労省の医療介護関連の研究事業に多数関与。全国で医療政策に関する講演活動も行う。日本経営に復任後は、医療分野における新規事業開発を担当。様々な事業開発を行い、自身が立ち上げた医療業界向けメディア事業を分社し、メディキャスト株式会社を創業。その一方で、組織活性化の一要素として、メンタルヘルスの問題に着目。メンタル不調により働けなくなる社会人が増えている社会問題に真正面から取り組みたいと考え、医師や高度な心理カウンセリング技術を持つ心理学者などと共に株式会社fUTSU Lab.(ふつうラボ)を創業。企業研修や社員のカウンセリングを行っている。